補正下着のショーツを正しく選ぶポイントとは?

ショーツ

〜ヒップの脂肪を包み込んで丸みをアップ〜

自分の体に合ったショーツで美しいヒップを維持

毎日必ず身に着けるショーツですが、自分のヒップに合ったものを選ばないと、余計なところに脂肪がついてお尻が垂れる原因となってしまいます。補正力のあるショーツの機能と重要性を知り、丸みのある美しいヒップを維持するようにしましょう。

ショーツがしっかり
【ととのえる】
贅肉の部位はココ

垂れ尻
垂れ下がった脂肪を引き上げて丸みのあるヒップを作る

ショーツが贅肉をしっかり
【ととのえる】のは何故か

お尻の贅肉がどんどん下垂していくのを防ぐ

補正下着のひとつであるショーツは、垂れ下がったお尻の脂肪を持ち上げ、美しいヒップラインづくりをサポートするもの。ガードルに比べると補正効果は弱めですが、ほど良い締めつけでお腹周りもケアしてくれるため、スッキリとした下半身のラインができあがります。
補正下着のショーツを選ぶ際には、自分の体型にピッタリ合ったものを選ぶことが重要。合わないものを使用し続けるとお尻の贅肉がどんどん下垂し、太ももとお尻の境目がなくなってしまいます。知らず知らずのうちにおばさん体型になっていた…なんてことにならないよう、正しいショーツを身に着けるようにしましょう。

補正下着のショーツを着用するメリットは脂肪の流出を防ぐこと

補正下着も普通のショーツもパッと見は変わりませんが、脂肪をサポートする力は段違い。下に垂れ下がりやすい脂肪をしっかりと支え、キレイなヒップラインをキープしてくれます。補正下着は年を取ってから…などと考える方もいますが、美しいボディラインを保つには、若いうちから補正力のあるショーツを利用することが重要です。

贅肉を【ととのえる】
正しいショーツの選び方

気になる贅肉を整えるために覚えておきたい、正しいショーツの選び方を紹介しています。

  • 小さすぎるサイズのものを選ばない

    「小尻に見せたい!」という気持ちから、小さいサイズのショーツを選ぶのはNG。脂肪がハミ出して体のラインが崩れ、ウエストや鼠径部が圧迫されて血流・リンパの流れが悪くなり、むくみやすくなります。正しいサイズを確認し、自分に合ったものを選ぶようにして。

  • ヒップラインをしっかりカバーできるものを選ぶ

    補正下着のショーツを選ぶときは、お尻の丸みを潰さず、全体をしっかりカバーできるものをチョイスすること。太ももの付け根部分にショーツが食い込む、動いているうちにズレてしまうようなものは避けた方が◎です。

  • ショーツの素材や機能をチェックする

    サイズだけでなく、ショーツの素材や機能にも注目!動きに合わせて伸縮する素材を使っているか、肌触りは良いか、十分なサポート力でヒップの脂肪を支えてくれるかどうかをチェックしておきましょう。

オトナ女子はマスターすべき!ショーツの正しい着用方法

  • ウエスト部分までしっかりとショーツを引き上げる
  • 太もものあたりからお尻を持ち上げ、ショーツの中に収める
  • 太ももの付け根・ヒップライン・ショーツの足口を整える

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む