お腹周りを引き締める補正下着・ウエストニッパーの効果

ウエストニッパー

〜細くくびれたウエストを作り、体のラインをほっそり見せる〜

ウエストの引き締めだけでなく、崩れたラインを戻す効果も

ウエストを引き締めてくびれを作る補正下着、ウエストニッパー。ウエディングドレスのインナーや産後の体型戻しとして使われるイメージがありますが、日常的に使用することで優れた効果を発揮してくれます。
ここではウエストニッパーに期待できる補正効果と使用し続けるメリット、おすすめの商品紹介などをまとめています。

ウエストニッパーがしっかり
【ととのえる】
贅肉の部位はココ

お腹のお肉
ぽっこりお腹を引き締めて全体のラインをスリムに見せる
腰回りのお肉
腰周りの贅肉を押さえて理想的なくびれを実現

ウエストニッパーが贅肉をしっかり
【ととのえる】のは何故か

ウエスト部分の贅肉を上下に動かしてくびれを作る

ウエストニッパーとは、バスト下からウエストにかけてのラインを美しく整え、女性らしいボディラインの曲線を演出してくれる補正下着。コルセットに比べると素材に伸縮性があるため、簡単に着脱できるようになっています。
ウエストニッパーの役割は、ウエスト部分を引き締めて細く見せるようにすること。着用するとキュッとくびれたウエストが実現しますが、ウエスト部分についていた贅肉はどこへ行くのでしょうか?実は、上部のお肉はバスト側、下部のお肉はヒップ側へ移動するのです。上に動いたお肉はブラジャーで、下に動いたお肉はガードルで補正することで、理想的なラインを作り上げていきます。
ウエストニッパーを着けたからといってウエストがすぐにくびれるワケではありませんが、着用し続けるとお肉の流れにクセがつくようになります。つまり、ウエストの贅肉をバストに動かして、定着させるのも夢ではないということです。

贅肉を【ととのえる】
正しいウエストニッパーの選び方

気になる腰周りの贅肉を整えるために覚えておきたい、正しいウエストニッパーの選び方についてまとめました。

  • サイズの合わないものを選ばない

    ウエストを引き締めたいからといって、キツすぎるサイズのものを選ぶのはNG!着ていて苦しいだけでなく、血流が悪くなってむくみや体調不良につながることもあります。着用していて痛みや不快感があるものは避け、ある程度ゆとりのあるものを選びましょう。

  • 着用する服に合わせて選ぶ

    ウエストニッパーを普段使いするには、いつも着ている服に合わせやすいものを選ぶことが大切。ロングタイプやショートタイプなどをいくつか揃えて、シーンに合わせて使い分けるようにすると良いでしょう。

  • 体の動きをジャマしないものを選ぶ

    座ったり立ったりなどの動作をするときに、体に食い込んで痛みを感じる…などというウエストニッパーは選ばないこと。体に負担がかかるだけでなく、姿勢が悪くなって贅肉がつきやすくなります。

オトナ女子はマスターすべき!
ウエストニッパーの正しい着用方法

  • ウエストニッパーを巻き、下から順番にホックをとめていく。
  • ウエストニッパーの上側を下へ向かって半分くらい折り、ホックの部分が背中に来るように回す。
  • ウエストニッパーの上に乗った贅肉をすくい上げてバスト側へ流し、ウエストラインを作る。
  • 折り曲げた部分を伸ばし、左右の位置を整える。

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む