補正下着のストッキングが持つ美脚効果とは?!

ストッキング

〜パーツごとに着圧を変えて美脚を実現〜

足全体に圧をかけてスラリとしたラインに整える

補正下着のストッキングは着圧ストッキングとも呼ばれており、一般的なストッキングに比べると引き締め効果が高くなっています。ここでは、着圧ストッキングの機能と効果、正しい選び方などを紹介しています。

ストッキングがしっかり【ととのえる】
贅肉の部位はココ

垂れ尻
お尻の脂肪を持ち上げてキープし、美しいヒップラインに
内もも
脂肪が流れやすい内ももを引き締めて美脚ラインをサポート
ふくらはぎ
贅肉をほど良く押さえて、ふくらはぎのカーブをキレイに

ストッキングが贅肉をしっかり
【ととのえる】のは何故か

段階的に圧をかけ、むくみやセルライトを予防

補正下着のストッキングは、着圧ストッキングとも呼ばれるアイテム。太ももから足首まで、それぞれのパーツに合わせて段階的に圧を変えることで、キュッと引き締まったスリムな足を演出してくれます。
また、着圧ストッキングはむくみの解消や予防にも効果があります。着圧ストッキングは足首の圧がもっとも強く、上に行くにしたがって圧が弱まる仕様です。これは血液やリンパの流れを促進するのに効果的で、むくみの改善に高い効果を発揮してくれます。むくみを放置すると脂肪がセルライトになりやすくなるため、美脚を保つためにもストッキングは補正効果のあるものを選びたいものです。

安価なストッキングとの違いは、足を引き締める「圧」の力

着圧ストッキングは、太もも・ふくらはぎ・足首とそれぞれ圧が異なっており、引き締め効果やヒップアップ効果を得られる設計となっています。しかし、普通のストッキングには足やヒップを引き締め、持ち上げるだけの力がないため、補正効果は期待できません。

ちなみに、圧力はhPa(ヘクトパスカル)・mmHg(ミリハーゲ)といった単位で表されており、数字が大きいほど圧が高くなります。

贅肉を【ととのえる】
正しいストッキングの選び方

足のラインをキレイに整えるストッキングの選び方について、詳しくまとめています。間違ったものを着用し続けると思わぬトラブルにつながることもあるため、注意してください。

  • 自分の足にピッタリ合ったサイズを選ぶ

    ストッキングの補正効果を発揮させるには、太もも・ふくらはぎ・足首といったパーツに合わせて正しく圧力を与えることが大事。商品に記されているサイズと自分の足のサイズをチェックし、ピッタリ合うものを選ぶようにしましょう。

  • 着用しやすい圧のものを選ぶ

    圧力が高いほど足が細く見える…と思いがちですが、締めつけ感の強いものを無理に着用すると、血行障害などのトラブルを起こしかねません。最初は無理をせず、適度な圧力で履きやすいものからスタートした方が良いでしょう。

  • 着用するシーンに合わせて選ぶ

    職場や自宅用、就寝時用など、着用するシーンに合わせてストッキングを選ぶようにしましょう。日中の着用で軽いむくみがある程度なら30 hPa前後、就寝時は圧が低い20 hPaくらいのものがオススメです。

オトナ女子はマスターすべき!ストッキングの正しい着用方法

  • ストッキングをつま先にしっかりと合わせる
  • 生地にシワができないように伸ばしながら、ヒザまで引き上げる
  • 太ももにしっかりと生地がフィットするよう、さらに引き上げる
  • 股下に隙間ができないようウエストまで引き上げ、ヒップや腹部にフィットさせる

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む