補正下着のガードルの効果と正しい選び方とは?

ガードル

〜気になる下腹・お尻・太ももを美しいラインに整える〜

気になる下半身のラインを整えるための必需品

崩れやすい下半身のラインを強力にサポートしてくれる補正下着「ガードル」。気になる贅肉を抑えてボディラインを整え、美しいスタイルを維持するために使用します。
ここでは、ガードルの持つ補正機能と効果、正しい選び方や着用方法について解説しています。「まだガードルは早い」などと思わず、ぜひ情報をチェックしておいてください。

ガードルがしっかり
【ととのえる】
贅肉の部位はココ

垂れ尻
お尻の脂肪をグイッと持ち上げて理想のヒップラインに
内もも
贅肉がつきやすい内ももを引き締め、ほっそりした美脚を実現

ガードルが贅肉をしっかり
【ととのえる】のは何故か

贅肉を抑えるだけでなく、内臓脂肪を刺激して燃焼効果もアップ

ガードルとは、ウエスト・お腹・ヒップ・太ももといった下半身のラインを整えるための補正下着。外側から圧力をかける素材・構造となっており、ポッコリ出た下腹やウエストの贅肉、たるんだヒップラインなどをカバーして、美しく補正してくれます。ショート・ミドル・ロング丈があり、ミドルとロング丈には太ももを引き締める効果も期待できます。
また、正しくガードルを着用すると美しいボディラインが記憶されるようになり、脱いでも体型が崩れにくくなると言われています。ガードルを履くことで内臓脂肪が刺激され、燃焼効果を高める効果も期待できるため、贅肉対策のためにも日常的に使用したい補正下着です。

ガードルの
メリット

体形の補正効果

ガードルを着用する本来の理由ともいうべきなのが、この体形の補正。気になる部分を締め付けたり、持ち上げたりすることで、きれいなボディラインを作ることができ、細身の服を着る時などに便利です。また、着用しているだけで、数キロ程度、痩せて見られることもあります。

骨盤のゆがみを解消

ガードルは、ヒップアップの効果だけでなく、履くだけで骨盤が締め付けられるので、体の代謝が上がり、下腹部やお尻のダイエットにもつながります。

むくみをケア

上がへその上まである、ハイウエストタイプや、ひざ上まで丈のあるロングタイプのガードルだと、ポッコリしたお腹から太ももまでしっかりとケアすることが可能。タイトなスカートがはけるようになるほか、下半身のむくみ解消にも効果的です。

ガードルの
デメリット

ダイエット効果がない

ガードルを含めた、補正下着は、あくまで余計な部分にある脂肪をバストやヒップなどに流しているだけなので、体重が減るわけではありません。ガードルを着けることで、姿勢が良くなり代謝が上がって体重が減るなど間接的な効果はあるかもしれませんが、直接の効果はないので注意しましょう。

ガードルの
種類

足の丈の長さ

太もも部分の丈の長さごとに、ショート、ロング、その中間のミドルの3つに分けることができます。ショートというのは、ショーツのように太ももの付け根部分で止まっているもの。メリットとしては、着脱が簡単なことや、ミニスカートやショートパンツなどを履く時に、はみ出す心配をする必要がないことが挙げられます。一方、デメリットは、太ももの付け根までしかないため、太ももにある脂肪をお尻へうまく流すのが難しいことです。一方、ロングタイプは、ひざ上ぐらいまでの長さがあるガードルです。メリットは、太ももの肉をうまく流すことができるため、全体的なラインを美しくすることが出来ることや、ショートタイプだと出来てしまいがちな、お尻部分の段差ができにくいこと。デメリットは、お手洗いなどに行った時に、着脱が面倒な点です。ガードル初心者の方が購入する場合、どちらにしようか悩んでいるのであれば、ロングタイプがおすすめです。ガードルの本来の目的は、お尻のお肉をどうにかしたいと思っている人が多いはず。そのためには、きちんとお尻の肉の流れをつかむことが重要です。そのためにも、まずはロングタイプを着用し、お尻の肉が太ももの方へ逃げていかないようにしっかりとした着用方法を学んだ方が良いかもしれません。特に、立ったり座ったりを繰り返していると、きちんと着用しているつもりでも、お尻に段差ができてしまいがちです。ですので、まずはロングタイプを購入し、徐々にガードルに慣れてきたら、ショートタイプに変更するのも良いでしょう。

ウエスト丈の長さ

次はウエストの丈の長さです。一般的なショーツと同じくらいの丈の長さのローウエストと、へその上の部分まで締め付けてくれるハイウエストがあります。ローウエストタイプは、股上の浅いタイプのジーンズを履く時にはみ出す心配がないのでおすすめ。逆に、ハイウエストタイプは、お腹のお肉を締め付けてくれる効果があるので、腹部の脂肪が気になる方にピッタリです。ウエストの丈の長さは、自分が普段どのようなパンツやスカートを履くかによって決めるのが良いでしょう。

贅肉を【ととのえる】
正しいガードルの選び方

キレイな下半身のラインを作るために押さえておきたい、正しいガードル選びのポイントをまとめました。

  • ウエスト部分への食い込みはないか

    ガードルを選ぶ際には、自分の体型にピッタリ合ったものを選ぶことが大事。つい小さめを選びたくなりますが、ガードルはジャストサイズで補正効果を発揮するように作られているのです。お腹や太ももに生地が食い込んでいる場合は、ワンサイズ大きいものに変えましょう。

  • 着用時にズレないような工夫があるか

    動いているうちに、ガードルの裾がずり上がってしまうようなものはNG。ズレたガードルを履き続けるとヒップのお肉が分断され、体型崩れの原因となってしまいます。体型に合ったサイズと同時に、ズレ防止対策がなされている商品を選ぶようにしましょう。

  • 贅肉をホールドする力があるか

    ウエストやヒップの脂肪は、下へ向かってつきやすくなるのが特徴。とくにヒップは放っておくと垂れ下がってしまうため、しっかりと引き上げてホールドし、美しいヒップラインが長続きするようなものを選ぶようにしてください。

オトナ女子はマスターすべき!ガードルの正しい着用方法

  • ガードルをウエストまでしっかり引き上げる
  • ガードルの中から内ももに手を添え、上へ引き上げる
  • ガードルの中からヒップに手を添え、上へ引き上げる
  • ウエストと裾を整える

おすすめのガードルと口コミ

ワコール ウイング[Wing]ハミデンヌ

上の部分が巻き付かない

これまで、他社のガードルを使ってきましたが時間がたつと上の部分がクルクルと巻き付くのが難点でした。しかし、この商品はそんなこともなく、子どもの世話をするのにどんなに動き回っても大丈夫です。また、トイレに行ったときの着脱もすごく簡単。着け心地も抜群なので、私にピッタリです。

ソフトな感覚で2枚目購入を決定

ガードルを着用して生活をすると苦しいことが多かったので、長年、使っていませんでしたが、あまりにお腹の肉が増え、垂れてきてしまったので、こちらの商品を購入しました。今までのガードルに比べて、ソフトな感じで肉を持ち上げてくれるので苦しくなくどちらかというと快適。2枚目の購入をすることに決めました。

viewing(ヴューイング) くびれガードル・ハイウエストタイプ

程よいホールド感

背中が大きく開いたドレスを着る時のために、こちらのガードルを購入しました。着用する前は、少しきついかなと思っていましたが、いざ着てみると程よいホールド感でピッタリ。タイトなドレスを着るにはおすすめです。

ハイウエストなのでしっかりと締め付け

このガードルは、ハイウエストなタイプのガードルなので、ウエストの部分がキュッと締まるのが特徴。セクシーなボディラインを作るのにはおすすめです。結構、きつく締めてくれるので、座っている時は、少し苦しい感がすることもありますが、効果はかなりあると思います。

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む