気になるハミ肉を押さえる補正ブラジャーの効果

ブラジャー

〜背中やアンダーの贅肉を集めて美しいバストラインを実現〜

寄せて集めるだけでなく、脂肪が流れるのを防ぐ効果も

女性のバストを守るために必要なブラジャー。「毎日しなければならないもの」として何となく利用している方も多いと思いますが、美しい形をキープするためには、確かな補正力のあるブラジャーを身に着けることが重要です。
ここでは、補正下着のブラジャーの機能と効果、正しい選び方といった情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラジャーがしっかり【ととのえる】
贅肉の部位はココ

背中
背中に流れやすい贅肉をブラがしっかりとホールド
垂れた胸
加齢によって垂れやすい胸を高い位置でキープ
アンダーバスト
アンダーバストに逃げる脂肪をキャッチし、正しい位置へ
ワキのハミ肉
気になるワキの贅肉をカップに収め、すっきりシルエットに

ブラジャーが贅肉をしっかり
【ととのえる】のは何故か

高いホールド力で流出しやすいバストの脂肪を美しく整える


補正下着のブラジャーは、バストの形を美しく整え、ボディラインをキレイに見せるためのもの。一般的なブラジャーとの違いは、そのホールド力にあります。バストの柔らかい脂肪は背中や脇に流れてしまいがちですが、補正ブラはそれらのお肉をしっかりと中央へ寄せ、理想的な位置でキープする機能を持っているのです。
そんな補正ブラジャーは、バストが小さい方はもちろん、バストトップを高くしたい・左右のバストが離れている・流れた脂肪を元に戻したい方にもおすすめ。脇やアンダーバストなどに、余計なお肉がつくのを防ぐ効果も期待できます。

補正下着のブラジャーを着用するメリットは
「バストを正しい位置でキープする」こと

普通のブラは維持力が少なく、ただバストを覆っているという感じですが、補正ブラにはバストを正しい位置でキープするという機能があります。補正ブラをつけているとバストの位置が安定し、垂れたり背中や脇に流れたりといったトラブルが起こりにくくなるのです。

一般的なブラジャーと
補正用ブラジャーの違い

ブラジャーには、一般的なブラジャーと補正に特化したブラジャーとの2種類があり、後者は、育乳ブラジャーとも呼ばれます。では、この2つがどのように違うのか、パーツごとに紹介していきます。

カップ

一般的なブラジャーと補正ブラジャーのカップの一番の違いは、覆う面積です。補正タイプのものは、腕の付け根のすぐ横の高さまでカップがあるので、一番、肉がはみ出しやすい脇の部分へ肉が逃げることを防ぐことが出来ます。

若い頃のバストは、ハリや弾力があるため、カップからのはみ出しがそこまで気にならないかもしれませんが、出産や授乳などによって柔らかくなったバストはカップからはみ出しやすくなります。

アンダーベルト

アンダーベルトは、補正ブラジャーの方が、4倍ぐらい幅が広くとってあるため、脇や背中に食い込みにくくなっているのがポイント。体形は変わらなくても、年齢を重ねると基礎代謝が低下し、皮下脂肪がどんどん増えていきます。気が付くとアンダーベルトから肉がはみ出てしまっているというケースも少なくありません。

肩ひも

補正ブラジャーの方がカップの大きさが高くなっているため、必然的にひもの長さが短くなっています。一般的なブラジャーのようにひもが長いと、バストを支える力が弱いため、バストが下がってしまう要因につながることも。一方、補正ブラジャーは、短い肩ひもでしっかり支えることができるようになっています。

贅肉を【ととのえる】
正しいブラジャーの選び方

補正下着の効果を上げるには、自分に合ったものを正しく選ぶことが重要です。以下に、選び方のポイントをまとめました。

  • 自分のバストサイズを正しく測って選ぶこと

    ブラジャーのサイズを正しく選ぶには、トップバストとアンダーバストを正確に採寸し、自分にピッタリのものを選ぶようにしましょう。また、バストのサイズは年齢とともに変化しています。こまめにサイズを測り、その時の自分に適したブラジャーを身につけることが重要です。

  • 目的に合ったものを選ぶこと

    補正効果のあるブラジャーを選ぶ際には、バストアップしたい・脇のハミ肉を押さえたい・型崩れを防ぎたいといった、目的をハッキリさせることが大事。間違ったものを選ぶと、ついてほしくない部分に贅肉がつくなどのトラブルが起こります。

  • 着用しやすいものを選ぶこと

    どんなに補正効果の高いブラジャーであっても、着用感の悪いものでは長続きしません。着けていて痛みや苦しさを感じるようなものは避けるようにしましょう。体にピッタリ合った補正ブラは、着け心地も良いものです。

20代と30代のブラジャー選び

女性の体は、年齢と共に変化していくので、着用するブラジャーも変わってきます。ここでは、ブラジャーの選び方を20代と30代のケースに分けて紹介します。

20代の場合

若い頃の女性のバストは、丸みを帯びた理想的な形をしていますが、最初に変化が現れ始めるのは、胸の上の部分。分かりやすく言うと、デコルテ付近のボリュームが徐々になくなっていきます。次に、バストの下の部分がたわみ始め、最終的には、バストが外側に流れながら下がっていきます。

20代になると、デコルテ部分のボリュームの変化を実感し始める頃。ですので、しっかりとブラジャーで支えてあげることが重要です。特にデコルテが痩せて着用するブラがパカパカしてしまう場合は、その隙間を埋めてくれるタイプのものがおすすめ。

また、デコルテの部分が下がり始めると、バスト全体が下がりやすく、ブラジャーの脇から肉が漏れてしまうケースや、背中の脂肪で段差ができてしまうことも。このような時は、背中から脇へかけてのはみ出してしまった肉をしっかりと寄せて、デコルテ部分のボリュームをしっかりとキープしてあげる必要があります。

30代の場合

30代になると、デコルテ部分のボリュームがあるバストを持続している人は、ほとんどいなくなり、デコルテ部分のボリューム減少やバスト下部のたわみが気になり始める頃です。ですので、バスト下部をしっかりと支えてくれるタイプのブラジャーを選びましょう。中には、外側に向かって垂れてくるケースもあるので、脇や背中の脂肪をケアできるものを着用すれば、よりきれいなラインを保ちながらボリュームのあるバストを維持することが可能です。

オトナ女子はマスターすべき!ブラジャーの正しい着用方法

  • 肩にブラジャーのストラップをかける
  • 体を前に少しかがめて、ブラジャー下のワイヤー部分をアンダーバストの位置に合わせる。
  • バストをカップの中に収め、ホックを留める。
  • 脇に逃げている贅肉を集めてカップの中に収める。
  • 上体を起こしてストラップを調整する。

おすすめのブラジャーと口コミ

エクスグラマー

BカップからEカップへ

ダイエットをしたら胸も小さくなってしまい意気消沈。なんとかバストアップしようとこちらの商品を購入しました。着用すると明らかに大きくなるのが実感できるほど。着用する前はBカップあるかないかぐらいでしたが、2か月たった今ではEカップ用のものを着用しています。着けて寝るだけで良いのでおすすめです。

着け心地もグッド

妊娠してバストが大きくなったので、購入しました。寝ている時にバストが脇に流れないのでおすすめです。場合によってはバストトップがはみ出してしまうことがあるため、キャミソールの着用は必須ですが、逆に授乳する時には出しやすく便利。着け心地は抜群で締め付けも問題ありません。

導-MICHIBIKI- 脇肉流導リメイクアップブラ

形状や着け心地は文句なし

今回は、ベージュを購入しました。着け始めからバストがボリュームアップしているのが実感でき、形もおわん型に整うのでバッチリです。締め付けも気にならないので、日中に着けていても問題なし。私の場合は、パットを外した方がうまく整うので、パットはつけていません。ただ、ベージュだと、白い服の下から透けてしまうので、透けにくい色のものがあるとまとめ買いも検討したいと思います。

着け始め3日で効果が出始めた

自分の胸の形が左右で違うのが気になり、購入しました。着け始めて3日ぐらいで確認してみたところ、横へ流れていたお肉が真ん中に寄っていたのと、少し垂れていた胸がきちんとした形に。今後、使い続けて、この形でおさまってくれることを期待しています。

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む