脇腹の贅肉を落とすおすすめエクササイズ

TOP » 落ちない贅肉撃退!部位別悩み解決編 » 美しいくびれの大敵「腰回りのお肉」

美しいくびれの大敵
「腰回りのお肉」

一度ついたら落ちにくい!?
腰回りの贅肉

ついてしまったら最後…などと思わず、毎日の努力でシェイプ!

年齢とともに増えていく、腰回りの贅肉。この部分のお肉は、一度ついてしまうと他の贅肉より落としにくいと言われているため、あきらめている人も多いのではないでしょうか?
しかし、ダイエットの方法によっては腰回りの贅肉もスッキリ落とすことができます!「ついてしまったら最後」などとあきらめず、毎日のちょっとした努力を続けてみましょう。

腰回りに贅肉がつくと…ボディラインが崩れて見える

まるで浮き輪をつけているかのようにポコッと膨らむ、腰回りの贅肉。この部分に贅肉がつくと、たとえ上半身がスリムであっても全体のボディラインが崩れてしまい、スタイルが悪く見えてしまいます。また、パンツの上に脂肪が乗っかって段差になり、体型を隠すような服しか着られない…といった問題も出てきます。
腰回りの贅肉をしぼるだけでも、スタイルアップにかなり効果があります。なかなか落ちないからとあきらめず、スッキリとしたスタイルを目指して頑張りましょう。

腰回りに脂肪がつく原因の1つは
基礎代謝の低下

意識的に体を動かし、姿勢を正すことが脂肪撃退への近道

年齢とともに気になってくる人も多い、腰回りのお肉。とくに体重が増えたわけでもないのに、お肉がついて困る…という人も多いのではないでしょうか。なぜ腰回りにお肉がついてしまうのかを知り、落とすように頑張ってみましょう。

  • 基礎代謝の低下

腰回りにお肉がつく原因のひとつは、基礎代謝の低下。人は年齢を重ねるにつれて摂取したエネルギーを体内で消費する基礎代謝力が低下していくため、徐々に太りやすくなっていきます。一般的に、筋肉がある部分には脂肪がつきにくいと言われているのですが、腰回りの筋肉は普段なかなか動かすことのない部分。それゆえに、脂肪がつきやすくなってしまうのです。

  • 姿勢の悪さ

猫背などで姿勢が悪い人は、腰回りの筋肉が少なかったり、筋力が低下しているケースが多め。そのため、腰まわりに脂肪がつきやすいと言われています。姿勢をきちんと正すだけでも、贅肉対策につながります。

  • 冷え性

とくに女性に多いのですが、腰回りの冷えも脂肪がつく原因に。冷えることによって血流が悪くなると老廃物などが溜まりやすくなるので、脂肪もつきやすくなってしまいます。また、腰の冷えは腰痛の原因にもなるので注意が必要です。

STEP1腰回りの贅肉を
【しぼって落とす】方法

腰回りについた贅肉をしぼり、ウエストラインをスッキリさせる方法をまとめています。

  • ウォーキング

    誰でも手軽に始められる有酸素運動、ウォーキング。歩き方にちょっと工夫をするだけで、にっくき腰回りの贅肉を効果的にしぼることができます。その歩き方とは、背すじを伸ばして胸を張り、腕を大きく振りながら大きな歩幅で歩くこと。ダラダラと歩かず、いつもよりペースを上げて歩くのがポイントです。

  • ダイエット器具

    ダイエット器具を使えば、鍛えにくい腰回りの筋肉を効率よくトレーニングすることができます。家で本格的なトレーニングができるよう開発されているため、好きな時間に好きなだけ運動をすることが可能。短時間でも毎日トレーニングを続けることで、徐々に脂肪が燃焼されて腰回りもスッキリしてきます。

  • マッサージ

    リラックスや疲労改善に効果を発揮するマッサージですが、マッサージによる血行促進・体温上昇といった効果は、腰回りの贅肉対策にも有効。腰回りが冷えると脂肪やセルライトがつきやすくなりますが、血流を良くして体温を上げれば、その予防につながります。即効性の痩身効果はありませんが、毎日続けたいケア法です。

  • エステ

    さまざまな痩身マシンを導入しているエステサロンでの施術は、腰回りの贅肉をしぼるのに効果的。家庭用のダイエット器具よりもパワーが強く、業務用に開発されたマシンを使用するため、スムーズなシェイプアップ効果が期待できます。エステに通うことにより、ダイエットへの意欲がアップするというメリットも。

  • 脂肪溶解注射

    皮下脂肪を溶かす薬剤を使い、部分痩せを促す治療法です。腰回りの落としにくい贅肉・セルライトも脂肪溶解注射を使えばかんたんに分解でき、運動や食事制限の必要もありません。体にかかる負担が比較的少なく、徐々に脂肪が減っていくので、自然な感じで痩せられるのもポイントです。

  • 切らない脂肪吸引

    脂肪を熱で温めたり、冷却したりして分解する「切らない脂肪吸引」。脂肪細胞そのものを破壊して排出を促すため、リバウンドしにくいのが特徴。皮膚を切開しないのでダウンタイムがほとんどなく、感染症などのリスクも少なめとなっています。

  • 脂肪吸引

    皮膚を小切開し、カニューレという管で脂肪そのものを吸引除去する痩身法。施術してすぐに脂肪がなくなるので即効性があり、すぐにシェイプ効果を感じられます。ただし、他の痩身法に比べると痛みや腫れなどのダメージが強く出やすく、術後は専用のウエストニッパーやガードルを装着する必要があります。

腰回りの贅肉を【しぼる】
おすすめのストレッチ方法

ここでは、自宅でできるかんたんストレッチを紹介します。腰回りのお肉を落とすなら、上半身や腰をひねる運動がおすすめ。こうしたストレッチに加え、ウエストニッパーなどの補正下着を使用すると、よりスッキリ効果が高まりますよ。

  • 腰回りのお肉を落とす
    かんたんストレッチ1

    • 足を伸ばした状態で座り、両ひざを立てていきます。両ひざは肩幅程度に開けておきます。
    • 両手を胸の前で合わせ、背筋を伸ばします。
    • 息を吐きながら、上半身のひねりを意識して、左へねじります。
    • 息を吸いながら、上半身を元の位置に戻します。
    • 息を吐きながら、今度は上半身を右へねじっていきます。
    • 息を吸いながら、上半身を元の位置に戻します。左右1セットで、10セットほど行います。
  • 腰回りのお肉を落とす
    かんたんストレッチ2

    • 両ひざを立てて仰向けに寝ます。
    • 息を吐きながらお尻を床から上げていきます。
    • お尻が上がったところで息を吸い、息を吐きながらお尻を床につけます。
  • 腰回りのお肉を落とす
    かんたんストレッチ3

    • 両ひざをついて肩幅程度に開いて座り、上半身を伸ばします。手を頭の後ろで組みます。
    • お腹のひねりを意識しながら、腰を右へひねります。
    • 体をひねったまま、さらに右側に体を倒します。ゆっくり呼吸をしながら10秒間静止。
    • 呼吸をしながら、②の状態に戻します。
    • 体を右側にひねりつつ、今度は体を左側に倒し、呼吸をしながら10秒キープ。
    • 体を①の状態に戻し、左側も同じように行います。左右1セットで、3セットほど行います。エクササイズの時間を取るのも難しいという人は、姿勢を意識するだけでもOKです。

STEP2腰回りを
【美しくととのえる】補正下着

腰回りの贅肉をシェイプし、スッキリと美しいボディラインを作る補正下着を紹介しています。

  • ウエストニッパー

    ウエストニッパーは、腰回りの贅肉を上下に移動させ、キュッとくびれたウエストを作る補正下着。移動させた上のお肉はブラジャーで、下のお肉はガードルで補正し、スッキリとメリハリのあるボディラインを実現します。また、ウエストニッパーを着用すると自然と背すじが伸びるようになるため、姿勢の矯正効果も期待できます。
    ただし、補正力の強いアイテムですから、間違ったサイズやつけ方を続けると、スタイルが逆に崩れてしまう恐れもあります。自分に合ったウエストニッパーを選び、正しく着用するようにしましょう。

腰回りの贅肉を【ととのえる】着用のコツ

ウエストニッパーを選ぶ際には、体にピッタリしすぎるものではなく、お腹部分に少し余裕があるものを選びましょう。ウエストニッパーは腰回りのお肉を上下に逃がすため、余裕がないと苦しくなってしまいます。
着用するときは、まずニッパーを腰に巻いて下からフックをかけていきます。次に、ウエストの部分からお肉を手のひらですくい上げ、ブラジャーのカップ内へ引き上げて入れ込みましょう。下のお肉は、ガードルを重ね履きすることで解消。下に移動したお肉をガードルで引き締め、背中へ向かって手で流して整えます。

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
はじめての補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンでフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む