体のパーツごとに調査!贅肉がつく原因とおすすめ補正下着

TOP » 落ちない贅肉撃退!部位別悩み解決編

落ちない贅肉撃退!部位別悩み解決編

落ちない贅肉はない!部位別贅肉の対処法

贅肉の原因を知ってこそ正しい対処法がわかる

ここでは、部位別に贅肉がつく原因と落とす方法、対策について紹介しています。贅肉でお悩みの部位を集中ケアすることで、しっかりと効果が実感できるはず。
女性にとって気になる部位に、贅肉がつく原因と対処方法を見ていきましょう。

  • 背中の贅肉
    の原因って何?

    背中は、自分では直接見ることができないなので、贅肉がついてもなかなか気づきにくいところ。でも、背中にお肉がつき、ブラジャーの上にお肉が乗ってしまったりすると、年齢よりも老けて見られてしまいます。

    それほど太っているわけではないのに、背中の贅肉が気になるようになってきたという人は、加齢が原因であることが多いようです。加齢によって背中の筋肉が落ちるとたるみが出てきてしまいます。また、筋肉のあるところには脂肪はつきにくいのですが、筋肉が落ちることで脂肪がつきやすくなるため、年齢を重ねるにつれて背中にも贅肉がついてしまうのです。

    他にも、日頃から姿勢が悪く、猫背気味の人や運動不足の人も、背中の筋肉が使われていないことが多いため、脂肪がつきやすくなります。さらに、サイズの合わない小さめの下着をつけていると、食い込みやすくなるため、背中のお肉が目立ちやすくなります。

    ここでは、背中の贅肉を落とすための簡単ストレッチを紹介。ストレッチの時間が取れないという人は、歩くときや座っているときに、姿勢を正すようにするだけでも背中の筋肉が使われるので、ぜひ意識してみてください。背中のお肉から脇のお肉までをしっかりカップに収めてくれる補正下着の着用もおすすめです。

  • 胸の贅肉のたるみの原因って何?

    20代の頃に比べて、胸が垂れてきたような気がすると思う方は多いのではないでしょうか。胸は年齢とともに垂れやすい部位。なぜ胸が垂れてしまうのかというと、胸を形作っているクーパー靭帯が伸びたり切れてしまうから。

    クーパー靭帯は一度切れたり伸びたりすると、元に戻らないので、そうなる前に予防することが大切です。クーパー靭帯は胸が大きく揺れるような運動をすると、伸びたり切れたりするリスクが高くなります。ランニングなどの運動をするときには、胸をしっかりサポートしてくれる下着をつけることを忘れずに。

    また、背中同様、姿勢が悪くなると大胸筋などへの血流が悪くなり、栄養が行き届かずにハリが失われることがありますから、普段から姿勢を正すよう心がけましょう。

    サイズの合わない下着も血流を悪くしたり、胸の皮膚や組織を傷めてしまう場合があるので、きちんとサイズの合った下着をつけることが、美ボディになる秘訣。サポート力の高い補正下着なら、バストの下垂を防ぐ効果もありますよ。

  • アンダーバストの贅肉
    原因って何?

    年とともに増えていき、なかなか落とせないアンダーバストの贅肉。この部分にお肉がつくと体重よりも太って見えてしまう、下着からはみ出した贅肉がだらしなく見られがち。全体のスタイルが悪く、年齢よりも老けた印象を与えてしまうため、外見で損をすることもしばしばです。
    アンダーバストにお肉がつく原因は、主に「姿勢の悪さ」と「間違った下着選び」。血流が悪くなることで老廃物の排出が滞り、脂肪細胞と結合しやすくなるのが原因です。 メリハリのあるボディラインを実現するには、原因を排除すると同時にアンダーバストの引き締めケアが重要。日々のケアで贅肉を撃退し、カッコよくファッションを着こなしましょう。

  • 脇の贅肉
    の原因って何?

    ノースリーブや水着を着たときに現れてくるのが脇のハミ肉。痩せている人にも、ハミ肉は容赦なく襲いかかります。脇のハミ肉があることで、太って見えてしまったり、老けて見られてしまうので、しっかり退治しておきましょう。脇のハミ肉の一番の原因は、間違ったサイズの下着の着用。実際のサイズよりも小さい下着をつけていると、胸がカップに収まりきらず、脇のハミ肉となってしまうのです。

    ブラジャーを購入するときは、きちんとサイズを測ること。同じサイズでも、メーカーやブランドによって大きさが異なることがあるので、きちんと試着をしてから買うようにしましょう。サイズが合っていても、つけ方が間違っているとハミ肉が生まれます。正しいつけ方を覚え、バストをしっかりカップに収めると、1カップサイズがアップすることもありますよ。また、補正下着は脇のお肉もカップにしっかり収めてくれるので、脇のハミ肉をカバーしてくれますよ。

    他にも、脇のハミ肉は姿勢の悪さによって生じる場合もあります。姿勢を正し、上半身の筋肉を鍛えることで、脇のハミ肉が解消される効果もあります。

  • 二の腕の贅肉の原因って何?

    薄着になると気になるのが二の腕。手を振ったときでもタプタプしない、引き締まった二の腕は女性の憧れですよね。実は、二の腕のタプタプの原因は、外側の筋肉のたるみによるもの。

    物を持ったり引っ張るときに使う内側の筋肉に比べて、外側の筋肉は日常生活であまり使われないため、たるみやすくなってしまうのです。また、リンパの流れも滞りがちなので、老廃物も溜まりやすく、脂肪とくっついてセルライトになってしまう場合も・・・。ここでは、簡単にできる二の腕引き締めエクササイズを紹介しています。テレビを見ながらでもできるので、夏が来る前に実践してみてくださいね。

  • お腹の贅肉
    の原因って何?

    パンツやスカートの上に乗ってしまうお肉。お腹周りはもともと脂肪がつきやすい部位なのですが、加齢によって筋肉が落ちると、さらに脂肪がつきやすくなります。とくにお腹周りは、食べすぎや運動不足が原因でつく皮下脂肪と、とくにお酒を飲む人に多い内臓脂肪の両方がつく場所です。

    ついてしまった脂肪はなかなか落ちないので、普段から筋肉を鍛えるなどして脂肪がつかないようにしましょう。お腹の贅肉の対処法としては、筋肉をつける方法が有効なのですが、腹筋運動がきついという人は、簡単なエクササイズでもOK。大事なのは毎日続けることです。

  • 腰回りの贅肉
    の原因って何?

    浮き輪のように腰回りにつく贅肉は、加齢に伴い、基礎代謝が低下することが原因であると言われています。また、腰回りは普段なかなか動かすことがなく、筋肉がつきにくい場所であることも影響しています。腰回りの贅肉は、とくに女性がつきやすいようですが、これは女性の方が冷えやすい体質であるためです。腰回りが冷えると脂肪がつきやすくなり、冷えることで血流が悪くなって、老廃物も溜まりやすくなってしまうのです。ここでは、腰回りの贅肉の対処法を紹介しています。

  • お尻の贅肉が垂れる原因って何?

    加齢によって垂れてくるのはバストだけではありません。ヒップもまたしかり。お尻のたるみは、お尻内部のゆるみが原因です。加齢によって筋肉が衰え、お尻内部の脂肪を支えている結合組織がゆるむことでお尻の内部がゆるみ、垂れてしまうのです。

    さらに、お尻内部のゆるみは、小走りなどでお尻が揺れると悪化してしまいます。ここでは、こうしたヒップのゆるみに対処してくれるアイテムを紹介しています。このアイテムがあれば、お尻内部のゆるみを抑えてくれるので、ヒップの形を整えつつ、ヒップの下垂も防いでくれますよ。

  • 内ももの贅肉
    ぷよぷよの原因って?

    太もも、とくに内側の部分は、たるみが目立ちやすいところです。内ももがプルプルするのは、太ももの内側にある筋肉の内転筋の衰えが原因かもしれません。内転筋の衰えは、内もものたるみだけではなく、骨盤のゆがみなどを引き起こす場合もあるので注意が必要です。

    もともと女性は下半身に脂肪がつきやすいのですが、内ももは普段の生活の中で筋肉が使われることが少ないため、さらに脂肪がつきやすくなっています。筋肉が少ないため血流も悪くなりやすく、老廃物も溜まりやすいので、むくみやすい部位でもあります。

    そこで、内もものたるみに効果のある簡単エクササイズも紹介しています。エクササイズの効果が出るのを待っていられない、すぐにでも引き締めたいという場合には、ロングタイプのガードルを着用することをおすすめします。太ももをしっかり補正しつつ、ヒップのラインもきれいに見せてくれるので、パンツスタイルが格好よく決まりますよ。

  • ふくらはぎの贅肉の原因って何?

    どんなファッションでも、人目につきやすい「ふくらはぎ」。ふくらはぎは筋肉量が多く脂肪のつきにくい部分なのですが、一度ついたら最後、なかなか落とせないことで多くの女性を悩ませています。

    ふくらはぎに贅肉がつく原因は、ほとんどが「むくみ」と「誤った食生活」。これらを改善せずに放置しておくと、脂肪がセルライトとなって凝り固まり、ますます落ちにくくなってしまうのです。

    ゴツいふくらはぎになる前に生活習慣を見直し、引き締めエクササイズを利用して、ほっそりとしたレッグラインを手に入れましょう。