【プレ花嫁へ】ドレスのハミ肉を解消する方法

TOP » 【プレ花嫁へ】ドレスのハミ肉を解消する方法

ドレスのハミ肉を
解消する方法

美しい花嫁姿は正しいインナー選びから

一生に一度の晴れの日である結婚式。女性にとって、結婚式でのドレス姿は少しの妥協もしたくないところですよね。ドレス姿を美しく見せるために、脇のハミ肉は解消したいもの。ここでは、ウェディングドレスの胸元を美しく見せるためのインナー選びについて紹介していきます。

ウェディングドレスを
より美しく着るためのアイテムとは?

結婚式のドレス選びは、女性にとって楽しい結婚準備のひとつです。けれども、実際にドレスを着てみると、こんなはずじゃなかったとがっかりすることもあります。
二の腕が太く見える、ワキのハミ肉が目立つ、ドレスの上に背中のお肉が乗る、ウエストのくびれがわからない…。ウェディング雑誌で見た花嫁さんはあんなにきれいだったのに・・・どうして?こんな時に助けてくれるアイテムが、ドレス用のインナー(ブライダルインナー)です。
「普通の下着でもいいんじゃないの?」「ドレスを着てしまえば見えないし、どれも一緒でしょ?」と思うことなかれ。インナーによってドレス姿の仕上がりが左右されるといっても過言ではありませんよ。

胸元に自信がないからと、胸のあいたドレスをあきらめていた人も、胸が大きすぎて悩んでいる方もインナーで補正することでバストラインを綺麗に演出、選べるドレスの幅が広がります。
たとえば、肩を出したドレスの場合、胸と脇のあたりのいわゆる「ワキ肉」は意外と目立つもの。また、お辞儀をするシーンが多い結婚式でビスチェタイプのドレスの胸元がパカパカしていると、あまり格好のいいものではありませんよね。ドレス用インナーで補正をすれば、こうした不具合を解消できますし、しっかり補正すればドレスのサイズがワンサイズ小さくなることもあります。

「ワキ肉」&胸元のパカパカ解消法を見る

また、ブライダルインナーには、妊婦さんのためのマタニティ専用のインナーもありあます。妊婦さんの場合は、お腹をやさしく、かつしっかりとサポートしてくれるマタニティ用のブライダルインナーがおすすめですよ。おすすめのマタニティインナーや購入するとよい時期などについても紹介しています。

妊婦さんのブライダルインナーについて詳しく見る

ドレス用インナー選びのポイント

  • 必ず試着する

    インターネットでも買えるようになりましたが、ウェブに記載されたサイズだけでは、自分の体に合っているかどうかはわかりません。自分のサイズに合っていなければ、ドレス用のインナーとしての役割を十分に果たすこともできません。ドレス用のインナーを選ぶときには、必ず試着をするようにしましょう。
    実際に試着して、自分の体に合ったインナーを選ぶことで、美しいドレスラインを作ることができるのです。結婚式から披露宴までは、少なく見積もっても3時間はかかり、その間ずっと着用しているものですから、着心地も大事。ボディラインをきちんとサポートしながら、長時間つけていても苦しくならないインナーを選ぶようにしましょう。

  • ドレスのデザインにあわせて選ぶ

    レースやフリルがたくさんついたインナーは、とてもかわいらしいものですが、柄が透けたり凹凸が出てしまう場合もあるので、ドレスに響かない、できるだけシンプルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。背中が大きくあいたドレスを選んだ場合に、うっかりブライダルインナーが見えてしまうといったことにもならないためにも、インナー選びは慎重にしましょう。 お色直しで違うパターンのドレスを着る方は特に注意が必要!よくわからないという方は、ドレスを試着したときの写真や着たいドレスのカタログを持って、フィッティングサロンに行ってフィッターさんに教えて貰うのもおすすめです。

プレ花嫁が体験!ブライダルインナーの
「無料相談&試着」に行ってきました!

「ブライダルインナーを着用するとどれくらいドレスの姿が変わるの?」「たくさんあってどれを選んでいいのかわからない…」と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。ブライダルインナーの重要性を、知ってるのと知らないのでは大違い。
今回ブライダルインナーの効果がどれくらいあるのかを確かめるために、ブライダルブルームのフィッティングサロンへお邪魔してきました。ブライダルインナーの着用前と着用後のドレス写真も掲載!その他、今回着用した商品や補正下着にまつわる疑問やフィッターさんからのアドバイスも紹介しています♪

体型カバーしてくれる
ウェディングドレスの選び方

  • ワキのハミ肉

    ワキのハミ肉をカバーするには、ドレス用インナーでしっかり補正すること。これでずいぶん違ってきます。そして、ビスチェタイプのドレスの場合、浅いビスチェのものではなく、バストをしっかり包み込んで、脇下まで布がある、深めのタイプのものを選ぶとワキ肉がはみ出さなくなります。

  • 二の腕

    ウェディングドレスは袖がないタイプもたくさんありますが、二の腕が気になると袖なしのドレスを選びたくなってしまいますね。けれども、ウェディングドレスの場合、中途半端に二の腕を隠すよりも、思い切って肩を出したビスチェタイプを選んでしまったほうが、すっきり見えることも。袖のあるタイプを選ぶのであれば、10分丈ではなく、手首が見える7分丈がおすすめ。腕の中で一番細い手首を見せることで、腕を細く見せることができます。

  • 背中のお肉

    背中のお肉がドレスに乗るということは、筋力不足によるたるみが原因です。日頃から姿勢を正して背中の筋肉を使うようにしておくと、背中のたるみを予防できるのですが、結婚式まで時間がない、とにかくドレスのデザインでカバーしたいという人は、Vカットになっているものを選ぶとすっきり見せてくれます。ビスチェタイプを選ぶ場合、縁にフリルなどの装飾があると、背中のお肉が気にならなくなります。

  • 横から見ると
    寸胴に見える

    ドレスを試着する際、正面だけでなく、横からも後ろからも、どのように見えているのかをチェックしましょう。真横から見たとき、体の厚みが気になるという人はヒップのあたりにリボンなどの装飾があるものを選ぶと、ヒップラインが上がり、ドレスラインにメリハリが出てきます。

  • バストが大きい

    バストが大きすぎるとドレスから胸があふれてしまい、太って見えがちです。インナーによっては、バストのボリュームを抑える働きをしてくれるものもあるので、気になる人はこうしたインナーを使ってスッキリとバストを収めることで、メリハリのある美しいグラマラスなドレス姿になれますよ。

  • お尻が大きい

    お尻が大きい人は、お尻のボリュームを隠してくれる、ふんわりとしたプリンセスラインやAラインのドレスがおすすめ。マーメイドラインやスレンダーラインが着たいという場合には、ヒップの部分にリボンやレース、フリルなどの装飾があるとヒップのラインをカバーしてくれます。

  • 顔が丸い

    顔が丸い人や、少しでも小顔に見せたいという人は、デコルテが見えるタイプのドレスがおすすめ。ビスチェならば胸元がハート形にカットされたものを、袖があるものならばVネックやボートネックのものを選ぶと、顔を小さくほっそりと見せてくれます。アクセサリーも、Vネックなど、首回りを広くしたものがいいでしょう。

ワキのハミ肉対策には
日頃からのケアが大切

ドレスからはみ出るワキ肉は、日頃のケアが原因になっている場合も。サイズの合っていないブラジャーをつけていませんか?
カップの小さいブラジャーや、アンダーの緩いorきついブラジャーをつけていたり、ブラジャーをつける位置が低かったり、正しいつけ方をしていなかったりすると、本来カップに収まるべきバストが脇にはみ出たり、背中に流れてしまいワキ肉となってしまうのです。こうしたハミ肉予防のためには、ブラジャーを購入する際にも、試着をすること。同じサイズでも、メーカーによって大きさが違うこともあるので、サイズがわかっているからと試着をせずに買うのはNGです。採寸をしたばかりだとしても、必ず試着をしましょうね。
そして、ブラジャーをつけるときには、正しくつけることもポイントです。上半身を少しかがめてホックを留め、胸はもちろん、背中から脇のお肉もしっかりカップに収めます。ストラップの位置を調整したら完了です。ブラジャーをつけた後は鏡でチェック。左右のバストトップと鎖骨の中心のくぼみの3点を線で結んだ三角形が正三角形に近いほど、サイズが合っているといわれているので、確認してみてくださいね。正しいサイズ選び、正しいつけ方をして、日頃からワキ肉ケアをしていきましょう。