そもそも贅肉とは?タイプによって違う原因と対策

TOP » あなたの贅肉はどっちのタイプ?贅肉の基礎知識

あなたの贅肉はどっちのタイプ?
贅肉の基礎知識

リンゴ型と洋ナシ型、2つの贅肉タイプを知ろう

贅肉といっても、いくつか種類があり、男性と女性でつき方も変わってきます。贅肉の種類と特徴、効果的な落とし方について解説していきます。

贅肉のタイプは大きく2つ

「洋ナシ型肥満」…皮下脂肪

皮下脂肪というのは、字の通り、皮膚のすぐ内側にある脂肪です。お腹やお尻、太ももなどにつきやすく、指でつまんでわかる脂肪。体温を維持したり、エネルギーを蓄えたりする働きがあり、妊娠・出産などを経験するため、女性につきやすいといわれています。下半身の肉づきがよくなることから「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。皮下脂肪は一度つくと落ちにくいという特徴があります。

「リンゴ型肥満」…内臓脂肪

贅肉のタイプのもう一つは内臓脂肪。お腹まわりの筋肉と内臓の周りにつきます。男性や閉経後の女性につきやすいといわれています。内臓脂肪が蓄積しすぎると、生活習慣病を引き起こす恐れがあります。腰回りが大きく見えることから「リンゴ型肥満」と呼ばれます。内臓脂肪は蓄積されるのが早いのですが、分解されるのも早いため、皮下脂肪に比べて落としやすいといわれています。見た目でついているのがわかりやすい皮下脂肪とは違い、内臓脂肪は痩せている人にもついていることも。

皮下脂肪&内臓脂肪の
効果的な落とし方

皮下脂肪
一度つくと落ちにくい皮下脂肪ですが、皮膚のすぐ下にあるため、外部刺激を受けやすく、マッサージなどで血流をよくすることができます。有酸素運動も効果的。運動をしてエネルギーを消費することが大切なので、短時間の激しい運動よりも、長く続けられる運動がおすすめです。また、皮下脂肪を減らすためには、体の中でエネルギーが足りない状況をつくると、足りないエネルギーを皮下脂肪からつくろうとするため、皮下脂肪が減っていくといわれています。有酸素運動とともに、食事制限を行い、エネルギー摂取量を減らすようにしましょう。
内臓脂肪
内臓脂肪は、皮下脂肪よりも代謝が活発なため、運動で落としやすいといわれています。皮下脂肪同様、有酸素運動で体脂肪をエネルギーとして使いながら、食事制限を行うといいでしょう。油や糖分は控え、タンパク質や食物繊維を積極的に摂るようにします。

贅肉の落ちる順番

皮下脂肪や内臓脂肪がつく原因をはじめ、贅肉が落ちる順番についても解説しています。贅肉(脂肪)には、ついていく順番があります。人間の存在本能に基づき、体の守るべきところからついていくといわれています。お腹→胸・お尻→顔周り→太もも→腕→ふくらはぎ→手首・足首の順です。痩せるときにはこの逆で、手首・足首から痩せ始め、最後に痩せるのはお腹ということになります。

また、脂肪は変化するとセルライトになってしまいます。セルライトになると、脂肪よりもさらに落としにくくなってしまうので、そうなる前の予防が大切です。できてしまったセルライトの解消法についてもまとめています。