ママ必見!産後の体型戻しがうまくいくコツ

TOP » 【産後ママへ】おばさん体型になる前の贅肉との付き合い方 » 産後の体型戻しの成功のカギは「骨盤矯正」

産後の体型戻しの成功のカギは
「骨盤矯正」

体重だけでなくスタイルも出産前に戻すために

産後は、体重が戻ったにもかかわらず、体型が変わっていることも。産後の体型戻しのポイントとは?

産後の体型戻しのポイント

骨盤のイラスト

産後の体型戻しのポイントはなんといっても骨盤矯正。緩んだ骨盤を閉じて、正しい位置に戻すことが重要です。産後、とくに母乳で赤ちゃんを育てていると、体重は意外とスムーズに落とすことができます。母乳の出がよかったり、赤ちゃんがたくさん母乳を飲んでくれる場合には、妊娠前よりも体重が落ちる人も。

体重は元に戻ったのに、妊娠前にはいていたパンツやスカートが入らないというケースがしばしば起こります。これは、妊娠・出産によって骨盤が緩み、ズレが生じていることが原因です。骨盤が緩んだり、歪んだりしたままでいると、血流が悪くなり、代謝も悪くなっていきます。そのため、下腹やお尻、太ももなどに脂肪がつきやすくなるといわれているのです。こうした状態では、運動をしたり筋トレをしても体型を戻すことは難しく、一時的に脂肪が落ちたとしても、また元に戻ってしまうので、骨盤矯正は必ずしましょう。

産後6カ月頃までは骨盤も戻しやすく、痩せやすい時期ですが、ここで何もしないと妊娠中についた贅肉が残ってしまいます。骨盤体操や骨盤ベルトや産後ガードルといったリフォームインナーも活用しながら、ボディメイクに取り組みましょう。産後の体型戻しを成功させるには、骨盤を閉じて、正しい位置に戻すこと。

血流をよくして代謝をアップし、痩せやすい体づくりをすることがポイントです。

出産時、最大限に広がった骨盤は、産後、3~4カ月という時間をかけて、正常な位置に戻ろうとします。けれども、妊娠・出産の間に左右のバランスが崩れていたりすると、正しい位置に戻りにくくなります。産後2カ月頃までは骨盤も動きやすく不安定なので、この間に足を組んで座ったり、悪い姿勢で過ごしていたりすると、骨盤が歪みやすくなるといわれているので注意してくださいね。

骨盤矯正をサポートしてくれる下着を着用する

産後の体型戻しに欠かせない骨盤矯正。整体などに通うという人もいるかと思いますが、赤ちゃんを見てもらえる人がいなかったり、赤ちゃんを連れての外出もなかなか大変です。そこでおすすめなのが、リフォームインナーやガードルなどの補正下着。産後間もなくからつけられるものや、産後の骨盤矯正をサポートしてくれるものなど種類もたくさんあるので、自分にピッタリのものを見つけてみてはいかがですか?

リフォームインナーや補正下着のことがよくわからない方のために、こちらでは産後の補正下着について詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

産後の補正下着の選び方を詳しく見る