【産後ママへ】おばさん体型になる前の贅肉との付き合い方

TOP » 【産後ママへ】おばさん体型になる前の贅肉との付き合い方

おばさん体型になる前の
贅肉との付き合い方

キレイなママでいる決め手は産後の贅肉ケア

妊娠・出産を経ると、女性の体は大きく変わります。妊娠中に増えた体重が戻らなかったり、骨盤がゆるんで体型が変わってしまったり、ポッコリお腹が戻らなかったり……。産後の体はとてもデリケートなので、体力の回復を確認しつつ、きちんとした対策を心がけていきましょう。

産後、おばさん体型にならないために

「妊娠中に増加した体重が落ちない」「体重は戻ったのに体型が変わってしまった」「妊娠前に履いていたパンツやスカートが入らない」「出産して赤ちゃんが出たはずなのに、まだ何か入っていそうなお腹…」など、産後ママには多くの悩みがつきもの。妊娠前の体型に早く戻したい!という気持ちもわかりますが、焦ってはいけません。「私は産後すぐに動けたし、どこも不調がないから大丈夫!」という人でも、産後の体を侮ってはいけません。赤ちゃんを産むというのは、本当に命がけの大仕事なんです。気づかないところで、体が悲鳴を上げている場合もあるんです。産後はリフォームインナーをつけて、骨盤ケアからはじめましょう。

体に不調がないと、つい動き回ってしまいがちです。子宮の大きさもまだ元に戻らず、骨盤もゆるんでいて不安定な状態ですが、産後1カ月まではとにかく安静にしておきましょう。無理をせず、赤ちゃんのお世話と必要最低限の家事だけをして、体を横にして休めてあげてください。産後1カ月過ぎたくらいから徐々に子宮の大きさも元に戻るので、体を動かすようにしていくといいですよ。

「妊娠・出産」ママの体の中で
起こることを詳しく見る

まずは
産褥体操からはじめよう

産後はとにかく安静にと言いましたが、体調がいいようであれば、寝たままできる産褥体操からはじめるといいでしょう。体操といっても、産後1日目は胸式呼吸や腹式呼吸からしていきましょう。

胸式呼吸
仰向けに寝て膝を立て、手を胸の下に置いて、鼻から息を吸い込み、少し止めてゆっくり吐き出す。
腹式呼吸
仰向けに寝て膝を立て、手をお腹に置いて、お腹を膨らませるようにして大きく息を吸い込み、少し息を止めてゆっくり吐き出す。

仰向けに寝たまま足首の曲げ伸ばしをしたり、左右に曲げたりするのもいいでしょう。少し慣れてきたら、仰向けに寝て、手をお腹の上に置き、その手を見る感じで頭だけ起こしてゆっくり戻すという、軽い腹筋運動なども取り入れていきましょう。決して無理はせず、できることから段階を踏んで行っていきましょう。

骨盤は産後、自然に元に戻ろうとしますが、そのままでは完全に元通りになるのは難しいため、骨盤ベルトで正しい位置に戻るようサポートしてあげましょう。骨盤がゆがんだままでいると、骨盤の周りに脂肪がつきやすくなったり、内臓が下がってしまったりして、産後太りの原因になります。ウエストラインを整えるためのニッパーやガードルなどは、体調がよければ産後1カ月頃から使うことができます。腹巻状のサポーターであれば、産後間もなくから使えるものもあります。体の状態を見ながら、こうした産後のリフォームインナーを使っていきましょう。

産後1カ月頃
からエクササイズOK

産後1カ月が経つと子宮の大きさも戻り悪露も収まってきますので、体調がいいようであればエクササイズをはじめていきましょう。産後の体型戻しに有効なのは、体を大きく動かすことだけではありません。授乳やおむつ替えなど1日に何度も行う動作も、意識することで立派なエクササイズになります。たとえば、背筋を伸ばすことを意識する。猫背になると背中の筋肉も使われませんし、お腹のたるみにもつながってしまいます。
授乳時は、骨盤のゆがみにつながる横座りなどは避け、椅子に腰を掛けて背筋を伸ばしましょう。床に座って授乳する場合は、正座やあぐらなどで、骨盤をまっすぐ立てるようにして行うと良いですよ。

産後の体型戻しを
失敗してしまう理由は?

産後の体型戻しは、体調を見ながら少しずつ行うのがベストですが、思うように体型が戻らないという場合にはいくつかの原因があります。

妊娠中に体重が増えすぎた

妊娠中の体重増加の目安は、妊娠前のBMI値によって、だいたいわかります。妊婦さんの体質や生活環境によって個人差はありますが、自分は太りすぎていなかったか?チェックしてみてくださいね。また、妊娠中の方も下記を参考に太りすぎないようにすれば、産後のボディケアが楽になりますよ。

BMI タイプ 増加目安体重
18.5未満 やせ気味 10〜12キロ
18.5〜25未満 標準 7〜10キロ
25以上 太り気味 5〜7キロ
BMI値の算出方法
体重kg÷(身長m×身長m)で算出します。
たとえば、身長160センチ、体重51キロの人の場合のBMI値は…
51÷(1.6×1.6)=19.921
なので、7~10キロほどの増量が理想です。
これよりも大幅に体重が増えてしまうと、産後、体型を元に戻しにくくなってしまいます。

骨盤のゆがみをそのままにしてしまった

妊娠・出産でゆるんだ骨盤は、産後少しずつ戻っていくのですが、この時に骨盤がゆがむような姿勢を長く取っていたりすると、骨盤がゆがんでしまうことがあります。骨盤がゆがむと、内臓が下がり骨盤周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。
産後の体型戻しは、骨盤矯正にかかっているといっても過言ではないくらい、骨盤は重要なポイントです。
整体などに通うという方法もありますが、小さな赤ちゃん連れで外出が難しいという場合には、骨盤を正しい位置にキープしてくれる骨盤ベルトや補正下着なども利用してみましょう。産後の体型戻しは、その時その時に応じた対策を取らないと、数年後、おばさん体型になってしまうこともあります。体調を見ながら、少しずつ無理のない範囲で進めていきましょう

帝王切開後の贅肉対策

出産を経験したあと、なんだか太りやすくなったという方は多いのではないでしょうか。妊娠後、赤ちゃんを産むため徐々に骨盤はゆるくなっていき、産後には開ききった状態になります。すると自然分娩や帝王切開など出産方法に関係なく、骨盤が歪みやすくなってしまうのです。

ここで正しいケアを怠ると、開いた骨盤周りに贅肉がつきやすくなり、あっという間に元の体重をオーバーしてしまいかねません。産後に太りやすいと感じるのは自然なことですが、ムダな贅肉をつけないためには骨盤矯正がカギとなるでしょう。

とは言え、産後は体力が落ちて体が疲弊しています。帝王切開の場合は特に傷口の治癒が優先されるため、贅肉対策は傷の痛みが癒えてくる産後2~3ヶ月頃からスタートするのがベター。その際、お腹周りの贅肉を落とそうと激しい腹筋運動をするのはNGです。筋力が戻りきっていない段階でお腹に大きな負荷をかけると、子宮脱などの恐れがあります。はじめは簡単なエクササイズやストレッチから始めてみてください。

そのほか、骨盤の歪みを補正する骨盤ストレッチや、骨盤矯正ベルト、気になる贅肉には矯正下着を使用するのも効果的です。いずれにしても、忘れずに医師に相談のうえで行いましょう。