気になる贅肉を落として、美ボディをキープする方法を伝授

キレイな人は始めてる!

35歳からの贅肉ケアは
しぼる」「ととのえる
2Step正解

贅肉とは、美ボディに不必要な脂肪のこと。今までのケアだけでは、本当に美しいボディラインは保てない。まずはその自覚をすることから、35歳の贅肉対策はスタートします。
キーワードは、贅肉の“素”である脂肪を「しぼる」と、減らした脂肪を理想の位置に収め「ととのえる」。美ボディを目指す方、必見です。

オトナ女子のためのライフプランを提案するRêflêchi(レフレッシ)編集部

理想のボディラインを保つため
頑張る女性に届ける美の教科書

女性の健やかで幸せな生き方を提唱するRêflêchi(レフレッシ)編集部は、20代後半~40代半ばまでの女性編集者の集団です。いつまでも美しくありたいと願い、頑張る女性のための美容情報をお届けしています。
編集部が提唱する美容の理念は「年齢に逆らうのではなく、合わせたケアをしていくこと」
無理をするのではなく、楽しく取り組んでこそ、本来の美しさが保てるという考えの基、今回は“35歳から”をテーマに贅肉対策を本気で考えていきます。

オトナ女子のためのライフプランを提案レフレッシ

オトナ女子のためのライフプランを提案レフレッシ

しぼる」だけでは足りない
ととのえる」こそボディ近道

20代のことろ同じ運動や食事制限を頑張って、いくら体重や筋肉量をキープしていても、35歳を過ぎたころから贅肉が落ちなくなる。その理由は贅肉が目立つ=脂肪量が多いではなく、脂肪が付く位置が下がるだからです。
とても残念なことですが、贅肉の原因である皮下脂肪は、加齢によりだんだんと下垂していきます。

皮下脂肪の下垂図
引用元:ブルーム公式サイト(http://www.bloom-style.jp/html/page2.html)

上の図はバスト・ウエスト・ヒップそれぞれを年代別に見た、皮下脂肪が付く位置の略図です。加齢により皮下脂肪が下垂することで、本来ならばメリハリのあるボディに必要であった脂肪が、ラインを崩す原因である贅肉となってしまうのです。同じ脂肪量だったとしても贅肉が増えてしまう境目、それが35歳なのです。
もちろん、基礎代謝の低下により脂肪自体が増えた(脂肪細胞が膨らんだ)状態では話になりません。女性らしい美しいボディラインをつくるために、まずは適量まで脂肪を「しぼり」、その上で補正下着を使用し「ととのえる」。その2STEPが必要不可欠なのです。

贅肉を「ととのえる」効果を検証!
補正下着サロン体験レポ

30代に入ってからスタイルが崩れ出し、34歳でピンチを感じたレフレッシ編集部の理香。パツパツの太もも、段差のついた脇や背中など、知らず知らずのうちについてしまった贅肉を引き締めるため、初めて専門サロンで補正下着のフィッティングを体験したレポートを掲載。協力してくれたのは、オシャレで普段使いもしやすいと人気の補正下着メーカーのbloom(ブルーム)さん。補正下着でどれだけスタイルが変わるのか、必見です。

補正下着体験
レポートを読む

落ちない贅肉撃退!
部位別悩み解決編

全体で見ればそれほど太っていないのに、部分的に贅肉の気になる部分がある…という人は多いもの。一部分の贅肉が目立つだけで、全身が太って見えてしまうこともあるので要注意です。ここでは、体の中でも脂肪のつきやすいパーツと原因、それぞれのケア法について解説しています。部分痩せを実現して、スッキリとしたスタイルを目指しましょう。

楽してカンタン贅肉隠し♪
着痩せ講座

気になる贅肉を何とか隠したい…という人におすすめなのが、補正下着や着痩せテクニックを使ったスタイルアップ術。目の錯覚を利用したコーディネートを活用すれば、二の腕・お腹・ウエストといった落としにくい部分の贅肉を隠し、あっという間にスリム美人へ変身することができます。
また、補正下着もスタイルアップの強い味方。着用するだけで贅肉が気にならなくなるだけでなく、脱いだ後の体型をも改善してくれる優れものです。できるオトナ女子の基本として、ぜひ情報をチェックしてみてくださいね。

さらに詳しく

ドレスのハミ肉を解消する方法

おばさん体型になる前の
贅肉との付き合い方